コンテンツ

効果的な施療ペース

施療した翌日(理想的間隔)

早く改善したい場合は6回の施療を短期集中で受け脳と身体に良い状態を記憶させます(始めから3回目までが勝負です)

2〜3日後

歪みが戻らないうちに(早ければ早いほど効果が高いです)

1週間以内

歪みが少しずつ戻ってしまい、もったいないです

痛くなったら&気が向いたら

正しい身体の使い方を、脳と身体が記憶できないので、元の状態に戻ってしまい同じことの繰り返しでもったいないです

身体が正しい状態を覚えると症状が安定してきます

人は誰でも自分で治す自己治癒力を持っています。

その自己治癒力を高める為には目標を持って治療に向かうこともとても有効な手段です。

身体が正しい状態を覚えると症状が安定してきます

 

楽しい具体的な目標をたくさん作りイメージするのです。例えば腰痛が治ったら家族で旅行をするとか、あきらめていたスポーツを再開するなど,現実的に楽しい目標をたくさん作りましょう。

目標を設定すると姿勢や態度が変わり、筋肉の状態も変化してきます。

治療家だけではなくご自分自身でも治すんだという意識を持って頂くことにより,自己治癒力が高まり早めの改善につながります。