お知らせ

大腰筋と腰痛の関係

大腰筋は立った状態では伸び、座った時は縮んでいますが長時間座ったまま動かないと硬くなり、日常的にこの状態が続くと強く固まってしまい、そのため骨盤が前傾して背骨も前に引っ張られ反り腰になり、腰筋に常に過度な圧力が掛かること…

腰痛の原因 ➁

腰痛が腰の中心部に近い左・右の場合は多くが大腰筋の拘縮が原因で発症しますが、骨盤(腸骨)背面の上部(左右)の痛みの場合は胸腰部分の筋膜(胸腰筋膜)が過度に拘縮及び伸長されて、筋膜を貫通し臀部に伸びる上臀皮神経(感覚神経)…

腰痛の原因➀

○ 大腰筋の拘縮によるもの 大腰筋――腸腰筋のひとつで胸椎12番、腰椎1番から5番の側面の大腿骨内側の小転子に伸びる長大な深層筋で股関節・体幹の屈曲、胸椎骨盤の安定などに作用し、歩行や姿勢の維持に重要な役割をする。 拘縮…

腰痛の原因

似たタイプの腰痛もあるが同じ腰痛はなく、腰痛が発症する数年前から潜在的に沈み込んでいるケースが多く、ぎっくり腰は突然に起こるものではなく何かのきっかけ・動作により起こるべくして起こっている。 具体的にいうと ➀ 長時間の…

腰痛と椎間板ヘルニアの関係について

腰痛分野の研究についてのノーベル賞とも言われる国際腰痛学会における”ボルボ賞”を受賞したカナダのBOOS N.らの研究で学術誌「Spine」1995年に報告されたもので腰痛と椎間板ヘルニアとは因果関係がないという内容でし…

腰痛について

病気や怪我による自覚症状の調査で男性1位、女性2位と日本人の国民病とも言える「腰痛」ですが、 その85%が原因の特定できない”非特異的腰痛”と呼ばれるもので、背骨や神経などに原因となる”特異的腰痛”は15%程度となり代表…

ホームページリニューアルのお知らせ

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 この度、お客さまにより便利にご利用いただくため、当サイトをリニューアルいたしました。 今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、内容の充実を図ってまいりますので…